【50代~の明るい白髪染めで注意する点】川越 美容室サラダガール

2022/09/26 カラーリング
50代からの明るい白髪染め

明るい白髪染めは、若々しいイメージにスタイリングできるお勧めカラーリングスタイルですが、

 

 

50代からの明るい白髪染めをご希望される時に、明るい白髪染めの注意点と改善点をお話し致します!

 

 

一般的な明るい白髪染めは、元々の髪質や色、白髪の量や箇所よってトーン(明るさ)を選択した方が綺麗な明るい白髪染めがスタイリングできます!

 

 

 

 明るい白髪染めスタイルとは、全体を明るく染める事により白髪をぼかして目立たせなくするカラーリング方法です!

 

 

 明るい白髪染めについては↓リンクより詳しくご紹介しております。

 

こちらをタッチ↓

https://saladagirl.com/blog/color/20220821-2028/

 

 

★ 明るい白髪染めの注意すべき点

 

白髪の量により希望させる明るさでは白髪が染まらない場合があります!

 

 

1. 明るい白髪染めをオダーしたのにイメージより明るくなっていない!

 

 

2. 白髪が染まっていない!

 

3. 色は気に入ったのにすぐに白髪部分が気になってくる!

 

など、明るい白髪染めをスタイリングするにあたって注意する点があります!

 

 

★ 50代~の明るい白髪染めは、白髪の量や部分的に白髪が集中している、素髪(元々の髪)の髪色や髪質によって薬剤や明るさを決める必要があります!

 

 

 

また素髪が明るい方には、全体に明るく染める事により白髪をぼかして目立ちにくくするカラーリングスタイルもあります!

 

 

★ 明るい白髪染めにする為の改善点

 

1. イメージより暗く染まる原因の一つとして、白髪の量によるものがあります。

 

 

一般的には白髪がしっかりと染めたいとのご希望が、配色選択が白髪がしっかりと染まる色となりイメージより暗くなるケースがあります。

 

 

解決策としてはご希望される白髪の染まり具合を検討しながら、数回は色味を探りながらカラーリングするのがご希望に沿えます。

 

 

明るい白髪染めとは白髪をぼかす様に染め、目立ちにくくするカラーリングです! 

 

 

2. 白髪が染まっていない

 

この場合は使用する薬剤に原因がある場合と、明るく染めすぎた為に白髪の色入りが悪くなったと判断します。

 

 

白髪の染まり具合を見ながらご自身が気にいる色味具合や、白髪の入りが良い薬剤をお試し頂く事がお勧めです。

 

 

3. 色味は気に入ったが、白髪がすぐに見えて気になる場合

 

この場合は明るくカラーリングした事により、白髪の染まりが淡くなったと判断します。

 

 

黒い髪と白髪とは色の差があり、明るい色に染めすぎてしまうと白髪の色入りが悪くなるケースがあります。

 

 

明るい色を調整しながら染めていく必要があります。

 

 

★ まとめ 

 

白髪の量が気になる50代からの明るい白髪染めは、ご希望のカラースタイリングになる為めに事前に色味の検討が必要な場合あります。

 

 

お気に入りのカラーリングスタイルになる為には、数回は色味などを探りながらカラーリングする事が必要な場合もあります。

 

 

明るい白髪染めについてのご質問、お問合せなどは↓リンクよりお気軽にご利用ください。

 

こちらをタッチ➡ https://saladagirl.com/contact/

 

 

 当店のカラーリングについては↓リンク・おすすめメニュー・内でご紹介しております。

 

 

カラーリングについては↓をタッチ

https://saladagirl.com/pickup_menu/

 

 

 当店については下記タグ・川越美容院 美容室サラダ、ガール・からご案内しております。

 

 

最後までお読み頂きましてありがとうございました!

 

 

川越美容院

美容室サラダ、ガール 霞ヶ関店